<< 新潟に帰ります! | main | よくある失敗! >>

スポンサーサイト

2019.03.29 Friday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


フラッシュのように!

2011.02.23 Wednesday | by 鬼丸 健(オニマル タケシ)
YOUTUBEで色々な歌を聞くことが多いのですが、
その歌の内容で、

子供の頃、あんなに夢中になっていたのに
いつの間にかなくなってしまって、いつの間にか無くても大丈夫になって、
いつの間にか大人になってしまった

みたいな歌を聞くと、ちょっと切なくなりますね。

自分もそんな経験があります。

そりゃあ子供の頃からずっと同じ事をし続けているわけではないので、
必ず何かに別れを告げてはいるはずなのですが。

壊れかけたラジオであったり、
昔見ていたアイドルであったり、
昔あこがれていた世界であったり、
(どんな歌を聞いたかのヒントですよ。へへ。)

思い出そうとすると、たくさんありすぎて、思い出すこともできません。

その時の気持ちがフラッシュのように、一瞬浮かんでは消えてまた浮かんでは消えて、
同時に一瞬の「切なさ」も胸に電気が流れるような衝撃だけを残してすぐに消えていきます。

記憶って凄く不思議ですね。


本当にあった出来事なのかどうかもぼんやりして、なんだか夢みたいです。
当時の自分が自分じゃないように思えるほど考えや興味の対象が変わったのだなあと思うと、
不思議です。アルバムの写真で見た、当時の自分の姿の映像が思い浮かびます。
夢なのか本当にあったのかはその写真だけがその証拠です。


撮影はデジカメでも何でもいいですが、記録の残し方としては
デジタルデータじゃなくて、紙とか写真にして残しておく事って凄くいいかもしれませんね。


しかし、夜ってワケ分かんない事考えちゃいますね。



同窓会通知
http://blogoni.jugem.jp/?eid=1077


鬼丸 健
http://www.t-oni.net/


JUGEMテーマ:日記・一般


スポンサーサイト

2019.03.29 Friday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback