<< ​ウルトラマンにはなれなかった! | main | ​ミニ四駆! >>

スポンサーサイト

2019.03.29 Friday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


​第2回与六市を終えて!

2015.06.15 Monday | by 鬼丸 健(オニマル タケシ)


いやぁくやしいっす。
だいたい与六市の帰り道は「くやしいっす」と思いながら走っています。

ああすればよかった、あれやるの忘れた、あんなこといいな、できたらいいな。
と、色々考えています。遠くから通っていると、思いを関係者の人たちと語る機会や
動く機会がなくて、その辺がハンデですね。ハンデというかなんと言うか。

儲からないのによく行くよな、という思いがチラつかないでもないですが。
売り上げはゼロではないんですよ。
でも片道分の交通費と帰りのラーメン代は赤字ですね(笑)

でもいいんですよ。
毎日、なんというか、楽なんですよ。淡々と過ぎてるんです。

それに比べると、
ワクワクしながらイベントの準備をして、夜中にシタミチで5時間たっぷり運転して、
イベント自体は風のように過ぎていって、売り上げで明らかな結果を見せつけられ、
悔しい思いをして、次はこうやってみよう、ああやってみようとか考えながら、
また五時間かけてわざわざシタミチで帰るという。

まるで、レーシングスクールの時のようです。
タイムという結果を見せつけられて、悔しい思いをしながら、
でもどうやってタイムを上げようか一生懸命考えるわけです。

考えてきたことが外れることもあるし、当たる事もあるし、そもそも実践できないこともあります。

刺激、というとなんか薄っぺらいですけど、結局そういうのが楽しいんですね。

目的としては、経済面・環境面を含めて将来のためにやっているのですが、
そのたどり着くプロセスが「自分の人生はこうでありたい」というものなんですね。

とりあえず「人生」なんて話を広げずに、イベントのことに戻りましょう(汗


毎月第2日曜日9:00〜2:30に行われている「与六市」
場所は六日町駅と市役所の間にある駐車場(8月は南魚沼市民会館)
で行われています。

とにかく来場者が少ないですね。そこがひとつ悔しい。
どうしたらお客さんが楽しんで、毎回来てくれるようになるのか。。

そこでこう出来たら良いなという妄想ですが、色々な背景を何にも知らずに考えていないので、
「なんも分かってねえな」とツッコミを入れながら読んでいただければと思います。

今日行われたマラソンイベントには5000人集まったそうです。
もう町中の人がそこに行ったんじゃないですか?(笑)もちろん広い地域から集まっていると思いますが。
マラソンがないときにはその5000人が与六市に来てくれれば良いのに(笑)

今日は他にも近くでイベントがあったそうです。

イベント多いですね。けっこうなことじゃないですか!
みんなテーマは違っても、活性化のために動こうとしてるんだと思います。
お金の動きの活性化?良いじゃないですか。

例えばそれぞれにそこそこの来場者がいるのであれば、お客さんの取り合いではなく、
連携して、こっちから向こうに向こうからこっちに、お客さんがイベントをハシゴするような、
例えば共通割引券をだすとか、そういうことが出来たら良いですね。

一つのイベントに2時間も3時間も居続ける人はなかなかいないでしょうから、
それはそれで無理に引き止めずに、「あっちでも何かやってますよ」、
「あらホント」、「行ってみっかヒマだし」みたいな。

それにはイベント同士の事前の繋がりが必要ですね。

もう一つ思うのは、
昼飯や夕飯の買出しにスーパーに行ってきて、さらにまた外出るのめんどくさい、
って言うパターンですね。たしかに1回の外出ですめば楽チンですね。

じゃ例えばそのスーパーさんに出張販売で出店してもらうのは?

お客さんとしては、いつものスーパーが近くに来るならその出張販売に行ってみて、
ついでに、他のテントをのぞいていってくれるかもしれませんね。
しかもいついつの与六市に出張店舗を出します、という宣伝をスーパーでしてもらえたら
最高ですね。

でもこれはハードルが高いですね。スーパー側も準備とか大変ですよきっと。
出す商品も競争になってしまうかもしれません。

これらは理想ですね。

イベントに関連している皆さんそれぞれが努力されていると思うので、
私もまずは自分の範囲で出来ることを考えます。
自分で書いていてヒントになった事があったので。。


鬼丸 健
http://www.t-oni.net/
 
JUGEMテーマ:地域/ローカル






スポンサーサイト

2019.03.29 Friday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback