<< ​ふた! | main | ​調べた!炭水化物編! >>

スポンサーサイト

2019.03.29 Friday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


​崩れ行く○○!

2015.07.09 Thursday | by 鬼丸 健(オニマル タケシ)

ダンッ!


突然、頭上から衝撃音が響いた。

何の音だ?

周りを見回すも、何の音だかわからない。
あたりには雨が降り続いている。。。



いつもの会社の帰り道。今日は雨だ。みんな傘をさして、足早に家路を急いでいる。
私も皆と同じようにビニール傘をさして、いつもの道を歩く。
人通りの少ない脇道に入り、しばらく歩いたところでそれは起こった。


ダンッ!


突然、鈍い打撃音が頭上に響いたのだ。

一瞬、何が起こったのか分からなかった。
誰かが傘を叩いたのか?雷が落ちたのか??
いやいや、上を通っている送電線から大きめのしずくがたれたのだろう。
どれも違う気がする。でも体に痛いところもないし、傘も大丈夫だ。気にせず歩こう。

ところが、大丈夫ではなかったのだ。

歩いていると、歩くリズムにあわせてビニールのバサッバサッという音が気になる。
音が大きいのだ。心なしかさっきよりも傘のビニールがたるんでいる。

バサッバサッ

傘だ!

さっきの衝撃で傘が少し閉じたのであろうか。
であれば、ひらけば解決する。ところがスライド部を押しても傘はそれ以上ひらかない。

落ち着いてよく見てみると、傘のてっぺん部、8本の骨が1箇所に集まっているその場所の、
骨を束ねて固定していたと思われる針金が、錆びてちぎれているではないか!

骨の軸となる固定部が全部バラケてしまった!

しかもさっきスライド部を動かしたおかげで、骨が3本外れてしまった。
その骨はビニールにぶら下がっているだけの状態だ。

要するに傘は壊れている!(笑)

家まではまだ遠い。何とかこの傘が崩れ落ちる前に家までたどり着かねば、と、私は歩き始めた。

しかし、歩くたびにその衝撃でぶら下がっている骨はぶらぶらと揺れ、
残っている数本の骨でやっと支えているビニールがばさばさ音を立てる。

生き残っている骨も振動で少しづつずれているようだ。
気が付けば、少しづつ傘が閉じてきているではないか!

バサッバサッ

音が鳴るたびにビニールを支える力が弱っていき、傘がどんどん閉じてくる!

もう少しだ、もう少しだ、でももうダメか〜〜〜。。。

その時だ。
先に光が見えた。
光とは他でもない、うちの玄関の明かりだ。

閉じかけた傘を何とか支え、ギリギリのところで、うちに到着した。
やった。私はやりきったのだ。。。


要するに、「ビニール傘が錆びてぶっ壊れた」という話でした(笑)


一応壊れた傘の写真

・・・を載せようかと思いましたが、
そんなもん載せてどうするんだ、と思ったのでやめます(笑)



鬼丸 健
http://www.t-oni.net/

 
JUGEMテーマ:地域/ローカル








スポンサーサイト

2019.03.29 Friday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback