<< こけた! | main | 神宮でフットサル >>

スポンサーサイト

2020.02.04 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


筑波コース1000 走行

2007.03.18 Sunday | by 鬼丸 健(オニマル タケシ)
久々にサーキットを走ってきた。とはいっても、FJではなく自分の車で。

走行したのは筑波コース1000。
いつも走っている筑波コース2000の裏にある、全長1039mのミニコースだ。

朝、開門1時間前に到着したが、すでに行列が出来ていた。
初めてなので、経験者っぽい人と早めに友達になって手順を教えてもらった方がスムーズに一日を過ごせると思って、目の前で立ち話をしている2人に勇気を出して話しかけたんだ。

幸運なことに、お二人はとても親切
に入場からチケットの買い方まで
教えてくれた。
この後ずーっと金魚のフン状態を
させてもらいました。



そんな感じで、門が開いたら整理券兼誓約書(?)を受け取って入場。
駐車場の好きなところに陣取って、準備をする。
今回は晴れたので良かったが、雨の日には屋根のあるピットの方がよさそうだ。ピットは10個で先着順だ。

定時になると、係員のお兄さんが整理券の番号順にタワー内に誘導してくれるので、タワー内の受付で走行希望時間のチケットを買う。今回は初めてなので初心者枠を購入。
2本分の走行チケットとタイム計測代で6000円だ。

さて、いよいよ走行。
服装は長袖長ズボン、運転しやすい運動靴、グローブとヘルメットである。
チケットを係員さんに渡して、スタートのチャイムがなったら、
久々のコースイン!

コースは見通しが良く、エスケープゾーンも広いので、思いっきりアクセルが踏める。
初めはなかなかグリップしなかったタイヤも徐々に温まり、少しずつタイムも上がってきた。
1本は20分。1本目は走り方を研究。2本目はそこから少しずつタイムをあげていくようにした。

ところが2本目、全くなんとも驚いたことに、いけないのは俺の車で。
1本目の走行で、ブレーキはふかふかになってしまったし、
シフトノブは緩んでくるくる回るし、フロントタイヤはやっぱり食わない。
ふかふかのブレーキだけどロックしないようにそうっと踏んで、
シフトノブが回らないようにやさしいシフトチェンジをして、
それでも1本目よりは平均タイムもベストタイムもあげることが出来た。
やっぱりドライビングの半分はやさしさで出来ているんだ。

ということであっという間に2本の走行が終わった。

筑波コース1000は、直線は長くないが、低速コーナーを上手く抜ければ気持ちよくアクセルを全開に出来る、楽しく安全なサーキットだ。
しかも2本走り終えたのは午前の11時前。午後に他の予定を入れても大丈夫!
基本的には1人2本までというルールだが、空いている時には、3本目の走行が許可される場合があるとのことだ。今回も3本目走行可能の放送があったが、予定があるので残念ながら引き上げることにした。


こんな感じで、またちょくちょく来たいと思わせる有意義な時間だった。

最後に、今回初対面のわたくしめに大変親切にしていただいたNさんYさん、本当にありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

スポンサーサイト

2020.02.04 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
おおお!!早速レーシングレポートだァ(嬉)ってジルビアのかよ!!!!(怒)はよ、アメンボFJのレポート見たいんじゃ!!!って今度は筑波1000ぉらも誘ってちょ(笑)
  • イトキン番長
  • 2007/03/18 11:36 PM
おお〜!期待通りの突っ込みありがとう!
せっかくライセンス持ってるんだから走ったほうが得だよね!
  • おにまる
  • 2007/03/19 11:10 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback