<< 熊野旅行2 観光 | main | 筑波1000走行 >>

スポンサーサイト

2020.02.04 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


熊野旅行1 16inchホイール&タイヤテスト

2007.05.05 Saturday | by 鬼丸 健(オニマル タケシ)
無事に車検が通り、新たな命を与えられた車で
GWイベント2つ目、熊野旅行兼長距離巡航テストを行ってきた。
評価に立ち会ってくれたのは相方。

テストの結果としては、3日間走行距離1329.2km、燃費13.29km/lで、
燃費記録更新、長距離記録更新、燃費の計算しやすさ記録更新(使用燃料100リットル)だった。

下の画像は無給油走行距離記録、708.7kmの図(最終日終了後)


今回の旅行ではタイヤ16インチ化&ニュータイヤによるフィーリングの違いを、高速道路巡航、ワインディングロード、縦列駐車など、あらゆる状況で評価することができた。

・高速道路巡航
安定感がアップ
20km/hくらい高いスピード域でも、今までと同じ安定感が感じられた。実際、120km/hくらいと思ってメータをみると140km/hということが何度かあった。おっと、スピード注意!
ただし、タイヤが薄くなったせいか、路面の段差を乗り越えた時に、おしりに響くショックが鋭くなった。今までなら”ドン!”という感じだったのが”ガン!”と来るようになった。

・ワインディングロード
タイヤがニューになった事も大きいと思うが、コーナリング時の横方向のシッカリ感が出た。扁平率が60→50になったことで、タイヤのよじれが小さくなったことが要因と思われる。特にフロントタイヤは15年モノがニューになったのでグリップ感のアップも明らかだった。
しかし、周りの皆さんも飛ばしすぎです。事故にはホント気をつけて。

・縦列駐車
ホイールがでかくてカッコいい。リヤタイヤをもう少し太くしたいな。(今はフロントと同じ)

・低燃費テスト
信号が少なく、車も少なく、同じアクセル開度で長い距離を走れたことが、低燃費を達成した理由だと思う。いい環境だなぁ。

改めて思ったのは、シルビアQ’sの使いやすさである。
山道に行けばスポーツ走行もでき、狭い町の中や観光地の無秩序な駐車場でも苦もなくすれ違いなどができる車格で、小回りも利き、燃費もいい。


長く同じ車種に乗り続けている理由はそんなところにあったんだと、再認識。

次はサーキットでのインプレッション!

(旅行の話は「熊野旅行2」で)

スポンサーサイト

2020.02.04 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
リンクありがとうね!!バッチシでした!!!ってかブログの更新がないと思ってたら、旅行だったんね(笑)うちらも7日から11日まで新婚旅行で沖縄に行くどぉ〜!!熱帯魚取ったるどぉ!!!!!!そして魚をネットでさばくどお!!!儲けてやるうううう!!なんてね(笑)ってかもっと顔が写ってる写真をアップしてな!!後姿はいらん。。。
  • イトキン番長
  • 2007/05/05 11:41 PM
リンクのコメントに「熱帯魚」も追加しとくね!(笑)

沖縄きいつけてな!新婚さんいってらっしゃい!
  • おにまる
  • 2007/05/06 2:08 PM
タイヤ&ホイールをインチアップして縦列駐車の評価は?
  • border
  • 2007/05/24 12:40 AM
コメントありがとうございます!

実は縦列駐車してません!なんつって。。。
  • おにまる
  • 2007/05/25 11:13 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback