<< 車関連雑記 | main | 新型X >>

F1富士決戦

2007.09.30 Sunday | by 鬼丸 健(オニマル タケシ)
富士決戦はどうでした?

なんだかいろいろあって、どうなっているんだかわけ分からないレースでしたね。

ちょっと感想書いちゃいますのでこれからビデオなどを見る人は読まないでください。



朝から大雨で、中止になるんじゃないかと思ってテレビをつけました。
一応中止ではないみたいでしたが、スタートはセーフティーカー先導との事。

レース前半のセーフティーカーランは19周もあって、このまま2時間終わっちゃうんじゃなかろうかと心配になり、もどかしい感じで見ていました。観客の人たちも大変だったろうと思います。

レースが開始になると、一気に面白くなってきて、ドラマを見ているようでした。
マクラーレンは2台とも誰かしらとぶつかっていたのに、アロンソ選手はマシン破損、ハミルトン選手は無傷(?)というなんだかえこひいきな展開。
ショックだったのは、セーフティーカーラン中に追突してしまった、ベッテル選手。後でガレージで泣いていたのが印象的に残りました。
ライコネン選手は21位からレースを始めたのに、雨の富士スピードウェイをコースをはみ出すほど攻めまくって、3位フィニッシュという速さを見せました。
しかし、フェラーリはまた「無駄なピットストップがなければ勝てたかもしれない」という状態。そういって今年は何回マクラーレンに敗れただろうか。
私一押しのハイドフェルド選手はほとんどテレビに映らず、1コーナーでの接触とマシンを止めたシーンしか見れませんでした。(泣)
日本勢は10位以下を独占。でもしっかり完走できたところは良かったかもしれません。

しかしどたばたしていたのはいつも2位以下。トップは淡々と周回を重ねていたのを見て、雨のレースではトップにいることが一番有利なんだと思いました。

放映時間が足りず、終わった後の余韻を楽しむ間もなくテレビが終わっちゃったのが残念。今回のレースについてドライバーのコメントが聞きたいです。早く記事が出ないかなぁ?

スポンサーサイト

2019.03.29 Friday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback